不動産投資の基本の基本

不動産投資というのは、他の投資ものと決定的に違うことがあります。

通常の投資の場合は、期間の長短はあれ、その投資対象の価格の上下動が利益の源泉となっています。その上下動のリスクを取ることで、リターンを得るものです。

つまり、多かれ少なかれ投資対象の相場にベット(賭ける)する、という作業が前提となっています。

一方不動産投資の場合、実は相場の上下動はあまり関係がありません。

もちろん、「安いときに買って、高いときに売ることで差益を狙おう」とする、いわゆる出口戦略を前提にしている場合もありますが、それはそういった市況のタイミングの一部分を切り取ったにすぎません。

本来の不動産投資は、長期的時間をかけて大きな資産を分割払いで購入するものの、その返済原資の全部または一部が家賃収入である、というものなのです。

ローンを使うか使わないかは、長期の期間をかけて資産形成を行うか、あるいは投資資金を大きく上回る回収を長期で行うか、ということなのです。

そう考えると、巷間言われる「利回りを高く」とか、「100%またはそれ以上に融資を組むには」といった議論が意味をなさないことがわかります。

たとえて言えば、「不動産投資」は、「株式投資」などよりも「財形貯蓄」や「生命保険加入」に近いものなんです。

でも、多くの不動産投資を目指す個人投資家にとって、家賃収入が給料の代わり、とか副業収入とかと考える人が多いと思います。

この事は完全に誤りだ、とは言いませんが決して正しいとは言えません。

当然ですが、値上がりを狙う投資、という戦略やキャッシュフローを極大化する戦略、そして投資期間中に出口を迎えて一攫千金を狙う戦略もありますし、それも一つの投資戦略でしょう。

しかし、そういった戦略をどんなマーケット状況でも実践できるとは限りませんし、実践にはより大きなリスクを取っていく必要があるのです。

このへんを誤解して、上記の戦略だけを目指して投資する人が多いのが非常に残念です。

基本として考えなければいけないのは、通常では簡易に取得できないような大きな資産を家賃収入という手助けを得ながら、長い時間をかけて取得していく作業であり、その長い期間の間にたまたまチャンスがあれば組み替えたり、資金化したりする、ということなんです。

 
王道裏技不動産投資法、これからの不動産投資を成功させます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>